失敗しない副業ライターの確定申告【経費・時期・必要書類】

ライター 副業 確定申告

副業の中でも人気なWebライターは、即金性が高く、実績を積み重ねるほど収入も伸びやすいのが特徴です。
とはいえ、収入が大きくなってくると気になるのが税金ですよね。
「副業収入がいくらになったら確定申告が必要なの?」「確定申告って面倒なんでしょ?」と疑問に思っている方も多いはずです。

そこで今回は、副業ライターの確定申告について徹底解説します。
申告に必要な書類や経費に計上できるもの、提出方法まで詳しく解説するのでぜひ最後まで読んでください。

目次

そもそも確定申告とは何か

ライター 副業 確定申告

確定申告とは、1年間の所得を元に「国に納める税額を申告すること」です。

1月1日から12月31日までの所得金額を計算して、毎年決められた期間内に申請を行います。
会社員の場合は、給与から税金を天引きし、会社が代理で国に納めているので、確定申告のことを詳しく知らない方もいらっしゃるかと思いますが、副業で多くの収入を得ている方は自分で確定申告をしなければなりません。

ただし、年間所得の金額(給与所得以外)によって、確定申告が必要な人とそうでない人がいるので注意してください。
詳細は以下の見出しで説明します。

確定申告の時期は2月から4月までに申請する

確定申告は毎年2月16日から3月15日(コロナウイルスの影響により近年は4月15日に延長)の間に行わなければいけません。
期間内に確定申告を行わないと、無申告加算税や延滞税などのペナルティが課せられる場合があるので、必ず期限までに提出をしましょう。

万が一、期限までに提出が間に合いそうにない場合は、税務署に自己申告してください。
税額は高くなりますが、延納といった措置を取ってもらえる場合があります。

年間所得が20万円以上のライターは確定申告が必要

副業ライターの方は、本業以外の所得が20万円を超える場合に確定申告が必要です。
収入から経費を差し引いた金額が所得になるので、例えば「20万円(収入)-5万円(経費)=15万円(所得)」の場合、確定申告は不要になります。

経費の使い方がキーポイントです。
副業ライターが経費に計上できるものは、後ほど解説するので合わせてチェックしてみてください。

年間所得が20万円以下でも確定申告が必要なケースもある

ライターとしての所得が20万円以下でも、ライター以外の副業で収入があり「合計20万円を超える場合」には確定申告が必要になります。
本業の給与所得以外は、業種に関わらず合計して計上しなければいけません。

つまり「ライティングで10万円+デザインで10万円+動画編集で5万円」と年間の合計所得が20万円を超える場合は確定申告が必要になるのです。

副業ライターの確定申告をわかりやすく解説

ライター 副業 確定申告

続いて、副業ライターの確定申告の方法を1つずつ解説します。

具体的には、申告の種類・算入できる経費・申告に必要な書類・提出方法の4つに分けてご紹介します。
年に一度の確定申告ですが、知識を頭に入れて事前準備しておければスムーズに進められる作業ですので、この機会に確認しておきましょう。

白色申告・青色申告の違いとメリット

確定申告には、白色申告と青色申告の2通りの方法があります。
両者の大きな違いは「節税効果があるかないか」です。

青色申告は税金面での優遇が複数あるので、節税効果が期待できます。
一方、白色申告は税金面での優遇はありませんが「帳簿作成の手間がかからない」「申請書の事前提出不要」といった特徴があるので、とにかく手間をかけたくない方にはおすすめです。

以下では、節税効果のある青色申告の特徴をピックアップしました。

  • 最大65万円の控除が受けられる
  • 赤字を翌年から3年間繰り越せる
  • 家族への給料が必要経費になる など

参考:税務署「はじめてみませんか?青色申告」

このように、メリットがたくさんある青色申告ですが、利用するには事前に「青色申告承認申請書の提出」が必須です。
利用したい方は、青色申告がしたい年の3月15日までに提出しましょう。
これから開業届を出す方は、「開業届」と一緒に提出することをおすすめします。

確定申告に算入できる副業の経費と種類

副業ライターの場合でも、仕事をするうえで必要になった費用は「経費」として計上可能です。
具体的に経費として扱えるものをいくつか挙げました。
以下の項目以外にも、仕事をするために必要なものであれば経費として計上できますが、どうしても判断に迷う場合は税務署で確認をしてみてください。

<副業ライター経費の例>

  • 仕事で使用するPC代
  • 仕事で使用するデスクや椅子代
  • インターネット通信費用
  • ライティングに関する書籍や有料商材の購入代
  • ライティングスキルを向上させるための通信講座やセミナー参加料
  • ライターのつながりを作るための交際費
  • 交通費(取材や打ち合わせなど)
  • 仕事のために入ったカフェ代
  • コワーキングスペース利用料 など

また「家事按分」と呼ばれる経費も存在します。
こちらは、仕事とプライベートのどちらにも当てはまる費用です。

例えば、自宅で仕事をしている方は家賃が該当します。
家事按分の場合は、一部(仕事に活用している割合に応じて)を経費として計上できます。
判断に迷う場合は、税務署に相談をするか計上しないのが無難です。

申告に必要な書類の準備

確定申告に必要な書類は以下の4つです。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票(給与所得を得ている会社から交付)
  • 支払調書(副業収入を得ている会社から交付)
  • マイナンバーカード

支払調書に関しては発行の義務がないため、会社によっては発行してもらえない場合があります。
しかし、取引先のことがわかるよう帳簿に記載していれば問題はないので、抜け漏れなく帳簿にまとめておきましょう。

確定申告書の作成と提出

確定申告書の作成方法には、以下の3つがあります。

確定申告書等作成コーナーから作成国税庁が提供するサービス・オンラインで必要事項を打ち込むだけで作成可能
e-taxで作成国税庁が提供するサービス・書類の作成から提出までオンラインで完結
クラウド会計ソフトで作成収支管理や経費の計上まで一括管理できるため、簡単に書類の作成が可能

確定申告書を提出するまでの手順は以下の通りです。

  1. 確定申告書を作成
  2. 作成した確定申告書を印刷
  3. 確定申告書の氏名横に押印
  4. 管轄税務署に提出(郵送・税務署持参・インターネット)

また、確定申告をすることで勤めている会社に副業がばれるのでは?と心配な方は、住民税を自分で支払う「普通徴収」に切り替えましょう。
住民税は、前年の所得を元に金額が決まります。

また、会社員の場合は「特別徴収」と言って会社が代理で支払うのが一般的です。
そのため、確定申告により住民税が高くなると、副業が会社にばれてしまう危険性があります。
住民税の支払い方法を切り替えて自分で支払うことで、会社にばれるリスクを多少は減らせるでしょう。

コロナウイルスの影響で申告期日の延長/入場制限

ライター 副業 確定申告

コロナウイルスの影響により、ここ数年は申告期日の延長や入場制限が行われています。
確定申告は原則期間内に行わないといけないので、期限はいつからいつまでなのかしっかり確認して把握をしておきましょう。
確定申告の期限は、国税庁のHPにて確認できます。

まとめ:確定申告は事前準備が命

本記事では、副業ライターの確定申告について解説しました。

「自分は確定申告が必要なのかどうか」「確定申告の必要書類や具体的にどんな手順を踏めばいいのか」は理解できたでしょうか。
確定申告の時期が来てから準備をすると慌てる可能性があるため、事前に準備を行って「スムーズ」かつ「確実に」確定申告を完了させましょう。

この記事を書いた人

オアード株式会社は、マーケティング×クリエイティブに特化したサービスを展開しています。フォロワーを無駄に増やさない、理にかなったInstagramマーケティングに定評があります。

インスタグラムでの集客や収益化にお困りの方は、是非一度ご連絡いただければと思います。

目次
閉じる