どうしてWEBライターの仕事は副業禁止の会社でもばれないの?

ライター 副業 ばれない

WEBライターの副業に興味はあっても、会社にばれるのが心配で躊躇している人も多いでしょう。
ところが実は、注意深く対策していれば副業はばれないし、またばれたとしても基本的に罰せられることはないのです。
それはたとえ副業禁止の会社であっても変わりません。

本記事では、WEBライターの副業がなぜばれない/罰せられないのかを詳しく解説していきます。
本記事を読むことで、「副業をするか迷っている人」や「日々びくびくしながら副業をしている人」は、安心して副業に専念できるようになるでしょう。

目次

WEBライターの副業がばれない/罰せられない理由

ライター 副業 ばれない

WEBライターの副業は、対策次第で会社にばれるのを防ぐことができます。
また、社員が副業をしていたからといって、会社には不当に罰を与える権限もありません。
下記ではその理由について詳しく解説していきます。

そして副業がばれない理由と併せて、副業がばれる原因も解説します。
副業がばれる仕組みまで理解しておくことで、自分の判断で対策を打てるようになるでしょう。
では、詳しく見ていきます。

副業禁止はそもそも法律上で禁止されていない

大前提として、副業はそもそも法律で禁止されていません。
副業禁止の規定はあくまで会社のルール(就業規則など)であって、法律上は副業には何も問題はありません。
したがって副業禁止の会社で副業がばれた場合でも、原則的に会社には処罰を与える法的根拠は存在しません。

しかし一部罰することが可能となる例外があります。
それは、副業によって会社に不利益を与えた場合です。
たとえば会社のノウハウを外部に漏らしたり、副業によって本業の仕事を圧迫していたりすると、就業規則に基づいて処罰を加えることができます。

会社も自分たちの利益を守らなければなりません。
そのため、あらかじめ就業規則において、会社に不利益を与える危険性のある副業を禁止にすることがあるのです。
副業を禁止にできる法的裏付けはないものの、会社側の事情も考慮されて容認されています。

いずれにせよ重要なポイントは、副業は権利として認められているということです。
この点を大前提として理解したうえで、以下読み進めてください。

副業で稼いだ分の住民税は自分で納付する

WEBライターの副業が会社にばれる原因の1つが、住民税の納税額によるものです。
したがって副業をばれないようにするためには、住民税の納付方法に気をつける必要があります。
具体的には、確定申告で住民税の徴収方法を「自分で納付」にすれば良いのです。

WEBライターに限らず、副業の所得が20万円を超えた場合は確定申告が必要です。
そして確定申告の際、住民税の徴収方法は「自分で納付」と「給与から差引き」のどちらかを選ぶことができます。

「給与から差引き」は特別徴収と呼ばれる徴収方法です。
特別徴収は給与から住民税を差し引いて納税する方法で、会社が代理で納税を行います。
したがって確定申告で「給与から差引き」を選ぶと、本業と副業の給与の総額に基づいた住民税額が会社に通知され、このとき会社に副業がばれる可能性があります。

一方で「自分で納付」は普通徴収と呼ばれます。
本業の給与から差し引かれる住民税と、副業の所得に課せられる住民税とを切り離すことが可能となるため、副業の所得の存在が会社にばれる心配もありません。

収入が20万円以下の場合は確定申告せずに済む

副業の年間所得が20万円以下の場合は確定申告の必要がありません。
確定申告が無ければ、誤って「給与から差引き」を選ぶ必要もなく、副業がばれる原因をあらかじめ除去することができます。

したがって、副業禁止の会社で働いていて、副収入はお小遣い程度でよいと考える人は、副業のWEBライターとしての年間総所得を20万円以内に調整すると良いでしょう。

ただし注意点として、副業の年間所得が20万円以下でも住民税の申告は必要です。
少しでも副業で所得が発生したら、自治体の申告様式に従って住民税を納付してください。
なおこの場合は普通徴収にあたるので、会社にばれることはありません。

WEBライターの副業がばれたときの対処法

ライター 副業 ばれない

WEBライターの副業がばれた(ばれそうになった)場合は、以下のような対処方法をとってみましょう。

  • 絶対に副業をやっていることを認めない
  • 仮想通貨またはFXでの所得と伝える
  • 転職を視野に入れて問題解決にあたる

会社に決定的な証拠を掴まれていない限りは言い逃れが可能です。
状況に応じて、あくまで副業はやっていないと主張したり、投資をやっていると言ったりしてその場をしのぎましょう。

とはいえ、副業がばれてしまえば会社との間に遺恨を残す可能性があります。
今の会社で気持ちよく働けないと判断したら、転職も視野に入れましょう。

絶対に副業をやっていることを認めない

会社から副業をやっているのではないかと疑われても、確実な証拠を掴まれていなければ認めないようにしましょう。
そもそも、住民税対策を抜かりなく行っていれば、副業の存在が証拠として残ることは基本的にありません。

先に説明した、住民税を普通徴収で納める、年間所得を20万円以内に抑えるといった対策を取っているならば、堂々としていて大丈夫です。

仮想通貨またはFXでの所得と伝える

仮想通貨やFXでの所得は「雑所得」と呼ばれます。
そしてアルバイトではなく、クラウドソーシングを利用したWEBライターとしての所得も雑所得です。

同じ所得タイプでも投資関係は副業と見なされる可能性が低い傾向にあります。
そのため、住民税の変化などによって副業が疑われた場合、仮想通貨(またはFX)での所得だと主張すればそれ以上の追求を避けられます。

不当な扱いを受けた場合は労働審判を利用する

先述したとおり、会社には副業を禁止することや、隠れて副業をしていたことに対して罰を与える法的根拠はありません。
したがって、副業がばれて不当な扱いを受けた場合は労働審判も有効な手段です。

労働審判とは、労働者と事業者との間で発生したトラブルを迅速に解決することを目的とした裁判所の手続きです。
原則3回以内の期日での和解が行われるため、通常の裁判より手軽にできるのが特徴です。

副業がばれた後もその会社で円満に働きたいのならば、自分で解決するのが一番良いでしょう。
しかし会社に譲歩する様子がなく、早期の解決を望むのならば労働審判を検討してみてください。

ただし労働審判が有効な手段となるのは、隠れて副業していたという事実以外に自分に落ち度がない場合です。
副業によって会社に明らかな不利益を与えていた場合は、労働審判を利用しても自分を追い込むだけになってしまいます。

転職を視野に入れて問題解決にあたる

「労働審判に頼れない」「会社に残っても遺恨が残る」といった場合は、転職も視野に入れましょう。
近年は副業解禁の動きが活発になっており、副業を認めている会社も珍しくありません。
もし今後もWEBライターとして堂々と仕事を続けたいならば、副業OKの会社に転職してみてはどうでしょうか。

あるいは会社を辞め、本格的にWEBライターに専念するのも1つの手です。
様々な可能性があるので、副業がばれたことを機に、自分の理想の働き方に向き合うと良いでしょう。

まとめ:副業がばれる前提で行動することが大切

本記事で解説してきた通り、WEBライターの副業は住民税対策を行っていれば会社にばれる心配はありません。
そしてたとえばれたとしても、会社に不利益を与えたなどの正当な理由が無い限り、会社は罰することができません。

とはいえ、副業禁止の会社で副業がばれたら、会社との間に遺恨を残し兼ねません。
場合によっては、急遽転職が必要となることもあるでしょう。

そのため、副業禁止の会社でこっそり副業をする場合は、ばれる前提で行動するのが得策です。
ばれることを想定していれば、いざばれてしまった場合でも、スムーズに次の行動をとることが可能になります。

この記事を書いた人

オアード株式会社は、マーケティング×クリエイティブに特化したサービスを展開しています。フォロワーを無駄に増やさない、理にかなったInstagramマーケティングに定評があります。

インスタグラムでの集客や収益化にお困りの方は、是非一度ご連絡いただければと思います。

目次
閉じる