【第3回】伝わる文章の書き方

書籍の文章よりもわかりやすさが求められるWebライティング。 論理的な文章構成と、見やすいレイアウトによって、ユーザーが満足するコンテンツに近づきます。 実際に記事を執筆する際に気をつけるポイントを解説します。

PREP法

SEOライティングには論理的な文章の記述が求められます。 理由は、

 

・インターネットユーザーはそもそも情報を信頼していないから

・Googleはユーザーへ信頼度の高い検索ポータルサイトとして存在したいから

 

の2点です。 文系出身でも、この動画でお伝えするPREP法によって、基本的な論理構成が出来上がります。

推敲の重要性

この動画ではプロのライターとして、より良い文章にする推敲時の考え方をお伝えさせていただきます。

読みやすい文章を書くコツ

書籍の文章よりもわかりやすさが求められるWebライティング。 文章力を磨くよりも見やすいレイアウトにする方が、ユーザーが満足するコンテンツに近づきます。

実際に記事を執筆する際に気をつけるポイントを解説します。

実際に『記事』を作成してみよう!

今回の課題

自身のGoogleドライブに宿題をコピーして編集可の共有URLを発行し、URLを共有してください。

課題提出はこちら

こちらのフォームから送信してください。

※課題を提出する前に、以下の項目を必ず見直してください

・「今」「先程」のように文章内で時系列表現をしていないか?
・「先日」のように出来事を記載していないか?
・指示語は最小限にしているか?
・テキストリンクはページ遷移先のファーストビューに記載されている文言か?
・解釈と事実はしっかり区別して書いているか?
・「頭痛が痛い」のような重複の語句を使っていないか?
・「これまで」「前まで」「以前は」など、人によって尺度が異なる表現を使っていないか?
・「~したり」は適切に使われているか?
・二重否定を使っていないか?
・並列ではないのに「~も」「~など」と表現していないか?
・本文の最初で結論を伝えているか?
・並列表現「など」を使うときは複数の例を列挙しているか?
・文章が長い部分は「。」で区切っているか・必要ない情報は書かれていないか?
・見出しの前に余計な誘導文が書かれていないか?
・主語を「あなた」と表現・記載していないか?
・見出しの前に「次に〇〇を説明します」のように無駄な文章は記載してないか?
・誤字脱字は無いか?
・てにをはは適切か?
・表現はユーザーが普段利用する言葉か?
・論理的に記載されているか?
・「しっかりとした」「正しい」「良い」「安い」という主観的、且つユーザーによって尺度の異なる曖昧な表現を使っていないか?
・「実は」のように物語調のように書いており、結論を焦らす書き方をしていないか?
・「~と思います。」などの個人の推測を記載していないか?
・間違った情報、誤解を生む記述をしていないか?
・引用部分は適切に記載しているか?(どこが引用か分かるように)
・使用している名詞を統一しているか?
・記事の内容は言い回しが違うだけで重複することは書いていないか?
・接続詞を使い、読みやすい文章になっているか?
・改行は適切に行われているか?
・口語を使っていないか?
・箇条書き、ナンバーリストは適切に使われているか?