フリーランスになりたい人がWEBライターを選ぶ理由とは?

働き方改革や、終身雇用制度の廃止の可能性など従来の働き方から変わりつつある今。

 

一つの会社に縛られない働き方を求める人は、近年急激に増え始めています。

 

「通勤ラッシュから開放されたい!」

「ブラック企業を辞めたい!」

「働く場所に縛られたくない!」

 

など様々な理由でフリーランスを目指す人が増えていますが、そんな中フリーランスになりたい人が選ぶ職業として人気のWEBライター。

 

なぜWEBライターがフリーランス希望者に人気なのか?解説していきます。

特別なスキルがなくても始められる

ライティングは文章を書く仕事であるため、それ自体は特別な資格やスキルがなくても始められるという理由が一番に挙げられます。

 

専門学校を出ていないといけない、資格や経験がないと仕事を始められないといった事はなく、参入障壁が低いのは副業を始める人にとってもお手軽です。

 

特に、昨今はクラウドソーシングやスキルの売買サービスが充実してきているため、個人でも仕事を獲得しやすくなってきています。

 

極端に言えば、自分で「WEBライター」と名乗ってしまえば、誰でもWEBライターになれる訳です。

 

 

文章は誰でも書ける

前述の理由と少し被る部分もありますが、フリーランスを目指したときに「生まれて初めて文章を書く」という人はいないと思います。

 

少なからず、幼いころから学校や塾で文章も書くことがあったでしょうし、メールのやり取りだって文章の執筆です。

 

上手い下手はもちろんありますが、文章を書くということ自体は誰しもが経験してきたことなので完全に新しいスキルセットではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です