選ばれるWEBライターになる方法6選|高単価で継続的にリピートされるためにやるべきこと

「リピートに繋がらない」、「契約を切られてしまう」このような悩みを持つWEBライターも多いのではないでしょうか?

 

クライアントはどこが悪かったなどいちいち教えてくれませんから、原因は分からないままです。改善できないからリピートに繋がらないという悪循環のループに陥ってしまいます。

 

今回は、結果の出ないWEBライターが、クライアントから選ばれて引っ張りだこになれる方法を解説していきます。

WEBライターはリピートが命

WEBライターとして安定した稼ぎを上げるためには、リピーターの存在が欠かせません。

 

なぜかというと、リピートしてもらえない場合、新規の案件を獲得することになります。新規の案件は、提案や交渉、マニュアルの確認などの工数がかかります。その間全く収入は発生しません。

 

そう考えると、安定して稼ぎ続けるためにいかにリピーターが大事かが分かるでしょう。

結果の出ないWEBライターがリピーターを獲得するには

ではどうすれば、クライアントがリピーターになってくれるのでしょうか?

 

実は選ばれるWEBライターには、必ずある共通点があります。ということは、その方法を再現できればあなたも選ばれるWEBライターになれるということです。

 

その方法を一つ一つ解説していきます。

相手(クライアント)の気持ちを推し量る

「いきなり精神論かよっ!」と思われるかもしれませんが、稼げるライターになるためにもっとも大事なことです。

 

ライターに限らず、これができればあらゆるジャンルの仕事で引っ張りだこになるスキルセットです。

 

相手の気持ちを推し量るとは、相手の気持ちになって考え、相手が欲しているものを理解するということです。売れっ子になるためにはこれが最も大切なことなのです。

 

逆説的ですが、稼いでいるライターでこれができていない人を見たことがありません。

クライアントの工数を減らしてあげる

誤字脱字が多い、修正が多いといったライターでは、編集を担当するクライアントに大きな負担がかかります。

 

編集の担当者は多忙であることが大半です。忙しいなかで、毎回毎回誤字脱字や、同じような修正点があったらどう思うでしょうか。単価が上がるどころか、次回から声がかからないかもしれません。

 

逆に言えば、誤字脱字や修正が少ないライターになるだけで、そうでないライターに差をつけることができます。

 

原稿が仕上がったら推敲をしっかりして、スペルチェックツールなどで見直しをしてから提出しましょう。

コミュニケーションコストを下げる

これは担当者の手間を減らすに近いですが、編集者にとって最も重宝されるライターが、コミュニケーションコストがかからないライターです。

 

コミュニケーションコストとは、伝えたい情報が伝わらずに、やり取りがなんども発生してしまう状態のことです。断言できますが、稼げているライターでコミュニケーションコストが高い人はいません。

 

阿吽の呼吸でクライアントの思っていることを理解し、先回りして結果に反映することができたら、クライアントはもうあなたから離れられないでしょう。

 

コミュニケーションコストを下げることで報酬アップに一歩近づきます。

質問はできるだけまとめてする

これも工数や、コミュニケーションコストを減らすと同義ですが、質問はできるだけまとめてする様にしましょう。

 

仕事に取り掛かる段階で、疑問点や引っ掛かるポイントというのはある程度予想が付きます。案件の詳細を確認したら、今後予想される問題点を先回りして質問しておきましょう。

 

問題が発生しているのに連絡しないのはアウトですが、何も考えずに思いついた疑問をぶつけるのもよくありません。

生産性のない質問をしない

マニュアルに書いてあることや、ネットで調べればわかることをクライアントに質問するのは止めましょう。

 

仕事に対しての姿勢や、一般常識を疑われかねません。信頼を著しく損ねる原因になります。

 

ライターとして仕事を受けたときのことですが、クライアントから「記事の参照元を教えてください」、「画像元のURLを教えてください」などの質問が数日にわたって届いたことがあります。

 

提出したときのメールに全て記載していたのですが・・・。

納期より早めに上げる

受けた案件を納期よりも早めに提出することも、アピールとしては重要です。クライアントはたくさんの記事を書いて欲しいと思っています。

 

「この人は仕事が早いな」と思ってもらえれば、多くの仕事を任せてもらえます。また、納期より早めに提出することで、修正にも余裕をもって対応することができます。

 

仕事が早く、修正にも柔軟に対応できるとなれば、かなりの好評価です。

まとめ

今回は“WEBライターが高単価でリピートされるための方法6選”を紹介しました。

 

今回書いたことを全て実行することはハッキリ言って難しいです。ですが、難しいからこそ多くのライターができていないことでもあります。

 

あなたがをこれをすることで、その他のライターを大きく引き離し、頭一つ抜けた存在になることができます。

 

今回の内容を実行していけば、あなたは必ずやクライアントから選ばれるライターになれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です