子供から大人まで、多くの人の人生において長く付きまとうのが「貯金」に関する問題です。

 

「貯金」と検索すると、年代別や所帯別の平均年収を紹介するページが無数に並び、ほとんどの人が貯金を増やすことに躍起になっていることがわかります。

 

もしかしたら、あなたもそんな「貯金に頭を悩ます人」の一人ではないでしょうか

 

今回は「貯金はしない方がお金は貯まる」という説について、フリーランスの成功者でもあるオアード代表の遠藤にその理由を解説してもらいました。

貯金しない方がお金は増える

avatar

杉山

突然だけど、遠藤って貯金がモチベーションになる人?

俺はあまり貯金がどうこう考えないかな。

avatar

遠藤

avatar

杉山

へぇー、お金が仕事のモチベーションにはならないの?

うーん、ならないな。

avatar

遠藤

avatar

杉山

(まじかよ)

avatar

杉山

ほとんどの人が「貯金がいくら貯まったー」とか「貯金が貯まらないー」みたいに悩むものだけど、遠藤にはそういうのが全くないの・・・?

もちろん最低限の貯金はするけど、毎月いくら貯めなきゃとか、お金を貯めるために仕事してる感覚は全くない!

avatar

遠藤

avatar

杉山

すごいな・・・そういう人もいるのか。

持論だけど、貯金ばかりに目がいく人は仕事で成功しないと思う。

avatar

遠藤

avatar

杉山

(俺も成功しないってことか(^-^))

子供こそ貯金なんてせずにお金を使った方がいい!

avatar

杉山

よく「貯金しない方がお金は増える」なんて聞くけど本当にそうなの?

そうだと思うよ。だってさ、お金の価値って過去と未来で変わるでしょ?

avatar

遠藤

考えてみて欲しいんだけど、小学生のときに必死で貯めた貯金なんて、大人になったらすぐに同じだけの金額稼げるよね。

avatar

遠藤

数百円とか数千円を一生懸命貯めて、やっとできた10万円の貯金なんて大人になればバイトで稼ぐ事も難しくない。

avatar

遠藤

一番大事なのは「貯めたお金で何を得られたのか?」であって、小学生とか中学生はむしろお金は貯めずに使って、お金の使い方や得られるものを覚える方が重要。

avatar

遠藤

avatar

杉山

なるほど。確かに小学生のお年玉を6年かけて10万円貯めたとしても、高校生になれば1ヶ月で稼げるからな。お金と交換でその時にしか経験できないものが沢山あるってことか。

よく「無駄遣いなんてしないで貯金しなさい!」って教育する親がいるけど、何もわかってないなーってつくづく感じる。お金に触れることが大事なのに、はっきりした目的もなく“貯めることが美徳”って勘違いしてる人は多いね。

avatar

遠藤

avatar

杉山

貯金が美徳っていう感覚は90%以上の人が持ってるだろうね。自分自身もそうだからなんとも言えないけど。

avatar

杉山

でも言われてみればそうだよなー。俺も社会人一年目から漠然と貯金してるけど、「何かあったときのため」とか、「積み重なるものがないと不安」ていう理由しかなかった。

お金を使わないと、入ってくるお金が増えないからそもそも効率も悪いからね。自己研鑽や自己投資にどれだけお金を出し惜しみせずに使えるかが鍵だよ。

avatar

遠藤

avatar

杉山

それは何となくわかるけど、だからとって具体的に買いたいものもないんだけど、、、遠藤はフリーランスになる前は何にお金を使ってたの?

ドメインやサーバーを契約してWebサイトを作成してみたり、数万円するオンラインの教材をいくつも買ったよ。もちろん良し悪しはあるから全部が買って良かったものではないけど、少なくともそれらにお金を使っていなかったら今の自分はなかった。

avatar

遠藤

自己投資にお金を使えば将来的に貯金は増える

avatar

杉山

自己投資ってできる人は少ないから遠藤はすごいな。俺も興味がある物がなくはないけど、どうしても出し渋っちゃう。本当に必要かな?とか買わない理由を探してしまいがち。

そういう人が一番間違っているポイントはハッキリしてて、お金を使うことを「コスト」だと考えてしまっていること。本当はコストではなく「投資」なんだよ。

avatar

遠藤

お金と等価交換で何かを得ている訳で、必要なスキルや経験、将来への可能性を買っているという感覚が正しい。

avatar

遠藤

「必死で今月貯めた1万円は、いつの何になるのか?」ってことを考えれば、ただ貯金するだけでは何も生まないことがわかると思う。

avatar

遠藤

avatar

杉山

なるほどー!その言葉めっちゃ突き刺さるわー(泣)

そうそう。だから貯金に必死になるなんて無駄だよ。「何かあったときのために貯金してる」なんて結局は自己成長を望んでいないのと同じ事だ!

avatar

遠藤

avatar

杉山

(こいつ・・・できる!)

子供のときのお金の価値、大人になってからのお金の価値、老後のお金の価値。時間の経過とともにお金の価値は変わっていく。もし過去にタイムスリップして小学生に戻ったら、絶対に数百円や数千円の貯金なんてしないでしょ?

avatar

遠藤

avatar

杉山

絶対しないな!そんな金額は大人になればすぐ貯まる。それよりその時にしか経験できない興味が湧かないもにお金を使う。特に幼少期の体験ってその後の人格を形成するし、将来的なビジネス感を養ってくれると思うし。

でしょ。それと同じことが社会人になっても30歳になっても変わらないわけで、未来のためにお金を使えるのは今しかないってことだ。

avatar

遠藤

貯金ではなく自己投資する考えはフリーランスでも会社員でも変わらない

avatar

杉山

でもさ、遠藤がいまフリーランスで成功してお金持ちだからできることなんじゃないの?稼ぎが少なかったら手元のお金を大切にしてしまうのが一般的な感覚だろうし。

俺はフリーランスになる前から考え方は同じだったよ。会社勤めの頃から漠然とお金を貯めるなんてせずに興味あることにドンドン投資したし。だから今フリーランスで成功できている訳だけど。

avatar

遠藤

avatar

杉山

あぁそうか、逆だったな。お金を貯めこまないから成功できたっていう話だった。しかし結局は毎月数百万円を稼げるようになって、貯金っていうありがちな悩みと無縁なことが証明されてるんだもんなー。すごい。

よく「お金がない」っていう人がいるけど、そりゃそうでしょって思う。社会人って飲み会とかにお金を使っている人が多いと思うけど、それよりも使うべき先はあるはず。もちろん意味のある飲み会や投資としての飲み会はあるけどね。でも大半は仕方なしに参加するケースだと思うから、そういうのは意味ない。

avatar

遠藤

avatar

杉山

ついつい「小学生のときはそうだけど、もう今は大人だしお金の価値は大きく変わらない」って思ってしまうね。やるべきことは単純なはずなに目の前の貯金を減らしたくない(^-^;

貯金増やしたいなら、貯金してないでお金を使った方がいい!将来的な収入を増やすために今自分に投資しなよ。

avatar

遠藤

avatar

杉山

ちなみに会社員時代はどうやって今のWebデザインに興味を持ったの?異業種というか、Web業界以外で働いていて普通はなかなか興味わかないと思うんだけど。

元々仕事のやり方とか、会社の方針とかに疑問を感じててそれでWebに興味がわいたって感じかな。考え方とかが今のトレンドに合っていない面も多くて、「もっとこうすればいいのに」って思うことが日々の業務で多かった。

avatar

遠藤

avatar

杉山

業務以外のことにもアンテナを張ることってやっぱり大事だな。

あとは仕事柄、販売スペースのディスプレイでポップのデザインをすることもあって、デザインが楽しかったというか興味が出てきたってのもあるかな。

avatar

遠藤

avatar

杉山

仕事のなかで自分が何に興味あるかを実感することも大事ってことかー。

まとめ

最後は少し貯金というテーマから反れましたが、貯金するより自己投資のためにお金は使うべきという理由がわかったかと思います。

 

今だけを考えるのではなく、未来のことを考えて貯金はどうあるべきかを決めることをおすすめします。