副業WEBライターが文字単価を爆上げしてフリーランスとして独立する方法

WEBライターは副業として人気の職業です。しかし、多くの副業ライターが低単価の壁を越えられずに低下金で記事を書き続けているという現状があります。

 

本当はフリーランスライターになりたいけど、ライターでは食べていけないから副業としてやっているという人も大勢います。

 

低報酬に苦しんでいるライターがいる一方で、一人で月数百万売り上げるトップライターもいます。両者の違いはどこにあるのでしょうか。

 

今回は副業ライターが低単価から抜け出してフリーランスライターになる方法をご紹介します。

文字単価に相場はない

一部のライター募集サイトでは文字単価1円が高報酬という風潮があります。しかし、その金額には具体的な根拠はありません。

 

なぜならライターの報酬とは需要と供給のバランスで決まるからです。しかし、クラウドソーシング市場を見てみると、ある程度相場のようなものができあがっています。

 

「相場があるじゃないか!」と思いましたか?確かに相場はあります。ですがそれは、市場原理が働いた結果によりできあがっているもので、初心者なら1円以下、中級者は1円以上などと固定化されたものではないのです。

 

値札はライター自身に付いている。そしてその金額は市場が決めるということです。

まずは1円未満ライターを卒業しよう

クラウドソーシングサイトには文字単価0.1円などという案件が存在します。文字単価0.1円では100文字で10円、1000文字書いたとしても100円です。

 

この単価ではどれだけライティングが早い人でも生活していけるだけの報酬を稼ぐことは不可能でしょう。

 

では文字単価1円ではどうでしょうか。文字単価1円なら10000万文字で10000万円の報酬です。慣れてくれば一日に10,000~15,000文字程度を執筆することは不可能ではありません。

 

実際には手数料が引かれるため報酬はもっと少ないですが、最低限生活して行ける程度の報酬を稼ぐことができます。1円未満ライターは、まずは文字単価1円を目指しましょう。

基本的な記事執筆スキルを付けよう

単価を上げたければ基本的なライティングレベルを上げましょう。WEBライターには文章力はいらないなんて意見もありますが、それは小説家などと比べての話です。

 

WEBライターにとってわかりやすい文章が書けることは必須です。正しい文法や接続詞を選ぶ技術がなければ、読みやすい文章は書けません。ある程度の文章が書けなければ報酬アップは難しいでしょう。

ライターにとって一番大切な実績を作ろう

ライターが案件を獲得する上で最も重要なものは実績です。ライターの実力は実績を見て判断されます。実績ゼロでは単価の高い案件に応募しても採用されません。

 

とはいえ、初心者ライターでは実績がないのは当たり前です。ではどうしたらいいのか?それは、初心者歓迎の案件に応募することです。クラウドソーシングサイトでは、初心者OKの案件が必ずあります。

 

そういった募集はテストライティングがないことが多く、すぐに案件に取り掛かることができます。報酬額が少なく割に合わないですが、実績を貯めるためだと思って割り切りましょう。

 

記事を執筆したら、公開されたWEBページのURLを記録して実績として見せられるようにしましょう。

クライアントはここを見ている!評価を貯めよう

大抵のクラウドソーシングサイトでは、ライタープロフィールにそのライターに対する評価が付くようになっています。仕事を発注したクライアントからの評価です。

 

ランサーズやクラウドワークスであれば5段階評価の星が付きます。多くのクライアントはライターの採用を決める際にこの評価項目を気にします。

 

評価が高いライターならそれだけ安心して依頼できますし、評価が低いライターは何か問題があるのだろうと判断されます。初心者ライターのうちは単価よりも評価を上げることを優先していきましょう。それが単価の高い案件の受注につながります。

リピーターを増やそう

報酬を上げるためには、リピーターを増やしていくことが重要です。特定のクライアントに継続的に案件を依頼してもらえれば、信頼関係が生まれ報酬を上げてもらえるチャンスもあります。

 

新規の提案に使う時間コストと労力も節約できます。逆にどの案件も一回限りで、一向にリピートに繋がらないという状況であれば、何か問題があると考えるべきです。

 

クライアントから出されたレギュレーションに沿って執筆できているか。コピペはないか。クライアントの意向を理解できているか。など原因を考えて行く必要があるでしょう。

専門分野を作ろう

ライティング案件にはさまざまなジャンルがあります。特定のジャンルに絞った専門ライターになることも、文字単価を上げるための戦略としては有効です。

 

専門分野を作ることがなぜ報酬アップにつながるかというと、その分野の専門家としてのブランディングになるからです。

 

特定分野にくわしいライターを求めているクライアントには強く刺さります。そういったクライアントは質を求めているので、高めの報酬で仕事を引き受けることができます。

 

ジャンルを絞ることにはその分野に詳しくなることで、調べるための時間を短縮できるというメリットもあります。

クライアントと単価交渉をしよう

報酬を上げていくには単価交渉をしましょう。同一のクライアントから仕事を受けている場合、単価が自然に上がっていくということはあまりありません。

 

 

クライアント側からすれば、「今までこの金額で書いてくれてたのだから、これからもこの金額でお願いしたい」という想いがあるからです。また、クライアントは多くのライターを抱えている場合がほとんどです。単価が変わると管理が面倒になるという理由もあります。

 

 

ですが、優秀なライターには単価を上げてでも書き続けて欲しいというのが大抵のクライアントの本音です。クライアントと信頼関係が築けていれば、単価アップに応じてもらえる可能性があります。

 

ここまでくれば文字単価2~3円が相場のWEBライターになっているでしょう。

文字単価5円以上を目指す

ここからは文字単価5円以上を目指すための戦略をお話しします。文字単価5円を超えるような案件はそれなりの質を求められますが、報酬が高いので一つの記事にしっかりと時間と手間をかけることができます。

 

低単価案件のように「質を無視してとにかく数をこなさなければ生活できない」ということがありません。フリーランスライターであればここを目指したいですね。

メディアに直接応募する

単価を上げていく方法として、メディアに直接応募するという手もあります。なぜ直接応募の方が単価がいいのかというと、マージンを抜かれないからです。

 

実はクラウドソーシングサイト内には、メディアコンサルなどの記事作成代行業者が多くいます。記事代行業者はクライアントから請け負った金額の一部を、ライターに報酬として支払っています。

 

ライターに支払う報酬が多くなれば、その分記事制作代行業者の利益が少なくなります。そういった構造上の問題で単価が上がりづらいのです。直接応募であればマージンを抜かれる心配がありません。

有名メディアに記名時期を執筆しよう

有名なメディアでは、筆者の名前入りで公開していることが多くあります。観覧数の多いメディアで記名記事を書かせてもらえれば大きな実績になります。

 

有名メディアに選ばれるライターであれば実力があると思われるからです。有名メディアに記名記事があることでポートフォリオ代わりになってくれます。

 

その記事を見て直接スカウトの連絡が来ることもあります。自分から提案するときにも効果的なアピールポイントになります。

SEOライティングを覚える

WEBライターとして高単価を稼ぎたいなら、SEOライティングの知識は欠かせません。

 

ライターに記事を依頼するクライアントは、記事が欲しくてお金を払っているわけではありません。クライアントは記事によってメディアを成長させ、集客につなげたいと思っています。集客のためにお金を払っているわけです。

 

検索エンジンで効果的に集客するためには、検索上位に表示されることが欠かせません。検索順位が1位のサイトと2位のサイトでは、観覧数に2倍の差があるという調査かあります。

 

検索順位を上げるための記事を書くにはSEOライティングの技術が必要です。SEOライティングができるライターは少なくクライアントからの需要も高いため、高単価で案件を獲得することができます。

ライター報酬を青天井にするブランディング戦略

ライター報酬を青天井に上げていくには、ただ上手い文章を書けるだけではだめです。自分という商品に付加価値を与えてあげなければいけません。

 

自分に付加価値をつけるとは、自分自身をブランド化するということです。TOPライターを初め、多くのフリーランスライターがこの戦略をとっています。

 

自分自身をブランド化することができれば文字単価いくらの世界ではなくなります。報酬額がぐっと上がり、いろいろな所から引き合いがあります。

自分のブログを作る

自分自身をブランディングしていくためには、自分のブログがあることが重要です。

 

最近ではさまざまなプラットフォームがありますが、ライターにとってブログの重要性はまだまだ変わりません。

 

 

ブログはいわばライターにとっての母艦のようなもので、自分の記事を見たクライアントがどんなライターなのかを調べに来てくれることが重要なのです。

 

 

SNSの運用やnoteなどのコンテンツプラットフォームも効果的ですが、最終的な受け皿となるのがブログです。ブログは自己アピールやポートフォリオなどの重要な役割も果たしてくれます。

TwitterやSNSを活用しよう

ライターにとってTwitterを上手く活用することができれば、最高のブランディングになります。編集者の業界では、フォロワーが5000人を超えるようなライターはぐっと価値が高まります。

 

 

 

フォロワーが5000人を超えるようなライターは自分の文体を持っており、影響力があると考えられるからです。

 

 

 

クライアントもライターの影響力を使ってメディアを成長させたいという想いがあります。「この人に頼めばメディアを広められるな」と思ってもらえれば、もはや文字単価がいくらという話ではなくなってきます。

 

Twitterに限らずSNSを活用していきましょう。

まとめ

今回はWEBライターとして単価を上げて、フリーランスになる方法を解説しました。

 

初心者から報酬を上げて、フリーランスとして食べていけるまでになるには中々大変な道のりです。ですが決して不可能ではありません。

 

 

 

一つ一つを確実に実践していけば必ずたどり着くとこができます。苦労を乗り越えた先には、場所や人に縛られない自由な世界が待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です